家庭用石窯プチドーム「pettit dome」 家庭で使える石窯の製造販売 ピザやラザニア、パンも焼ける。
TOPページ > 石窯とは

遠赤外線効果


石窯調理の一番の魅力は、なんと言っても遠赤外線効果です。

一度高温になった窯の中は温度が下がりにくく、食材を外側と内側から同時に加熱してくれます。

短時間で調理できるので、外側はパリッと香ばしく、内側はしっとりと必要以上に水分を失うことなく仕上げてくれるのです。



料理の準備さえしておけば、何種類でも次々に石窯からご馳走を生み出すことができます。

「こんなものが屋外の石窯でできるの!?」と思わず歓声があがります。

高温調理


石窯の燃料は薪か炭です。住宅地で使う場合は煙が少ない炭をお勧めします。(着火時にバーベキュー程度の煙は出ますが、気にならない程度のわずかな時間です)


たっぷりと炭を使うことで窯の温度を400~500℃に上げることができます。 家庭用のオーブンでは250℃くらいが限度だが、高温で一気に焼き上げるのでピザを焼くのに最適な道具です。 細かな温度調節は必要ですが、そこが電気やガスのオーブンにはないおもしろさがあります。食材が焼けていく香りを楽しみながらテーブルを囲めば、テンションも上がり会話がはずみます。


ピザはもちろん、オーブンで作れる料理は石窯で調理できます。素材の味を活かした野菜料理から豪華なパーティメニューまで、その世界は奥深いです。

長時間調理


石窯は保温性が高いので、長時間にわたって楽しむことができます。

もちろんずっと高温を保つには炭の補給が必要だが、一旦稼動させれば半日は遊べます。



ピザや肉料理のように高温で調理したいものから、パンや煮込み料理・焼き芋などゆっくりと低温調理したいものまで、プランをたてて始めると効率が良いです。