石窯製造販売

おじさんは石窯遊びの達人 ピザ作り

★石窯って?

■ 石窯の魅力

■ プチドームの魅力

■ ご購入方法

■ 基本の使い方

■ よくあるご質問

■ 便利な道具

石窯 販売 庭 ガーデン

★ 火のおこし方

手作りの石窯 薪や炭を燃やして ピザパーティ 耐火レンガ製

石窯施工例 庭の石窯

石窯ネット 石窯販売

PD600の本体の大きさは 幅 680mm 奥行 700mm 高さ 400mm です

本体は上下二つに分かれます   それぞれ50kg〜60kgの重量で 本体だけで120kg・カバーを被せると180kgになります

PD600の土台になる物が必要です
ブロックやレンガを積み上げてもOKですし 専用のスチール設置台も販売しております
板などの可燃性の物の上には絶対に置かないでください

パーツの重さは50kg〜70kgですから男性2・3人で組み立てられます

水に弱い耐火レンガに比べてタイル・コンクリートは耐久性が高いので、特に屋根を付ける必要はありません

薪を使うことも可能ですが、煙が少ない炭をお勧めします  炎が出やすい安価な炭で充分です

約6kgあれば3〜4時間くらい使用できますし、炭を追加すれば長時間楽しめます

最初にたっぷりと炭を使って燃焼させれば 600℃〜650℃ になります

慣れてくれば 1時間くらいで高温にできますが 初めは調理の2時間くらい前から準備されるとよいでしょう

一旦温まれば、蓄熱性が高いので次々に料理ができます

カバーの上からは手で触れるくらいの熱さですが、本体のみの場合はかなり熱くなります

念のため可燃性の物は近くに置かず、火の元には充分ご注意ください

石窯の底部も高温になりますので、木製の設置台などのご使用は絶対に避けてください

石窯の天井部分がドーム型であることにより、輻射熱が行き渡ります

イタリアンレストランの石窯もほとんどがドーム型です

炉内を上下2段にして空気の流れを考えて設計しています

窯の内部で温度がどんどん上昇するので蓋は必要ありません

パンやお菓子など一定の温度(低温)で調理する時は、空気調整板や中蓋を使ってください

屋外で使う場合:入り口の上部から煙が外に出ますので煙突は必要ありません

屋内で使う場合:工務店等にご相談の上、消防署の許可を得た上で設置してください

窯の温度が400℃以上になっていれば 1〜2分で外はパリパリ・中はモッチリのおいしいピザが焼けます

炭の量や空気の流れを調整することで温度調節が可能ですから パンやお菓子などの一定温度の調理もできます

炭が高温で燃焼して灰になってしまうので、後片付けは不要です

使う前に残っている窯の灰をかき出せば使えます(充分に温度が下がってから灰を出してください)

コンクリートで製作していますので多少のクラック(ひび)が入ることがありますが、使用上の問題はありません

雨に弱い耐火レンガと違って耐久性が高いので、長期間に渡ってお楽しみいただけます

  ■ メールでのお問い合わせはこちらにどうぞ       info@techdo.jp

■ ピザ(クリスピータイプ)

■ ピザ(ナポリ風)

■ ラザニア

■ 魚介の香草焼き

■ オニオングラタンスープ

■ 豚肉と野菜の香草焼き

■ ホタテと白菜のクリームパイ

■ レモン風味のローストチキン

ダッチオーブンで新じゃがと肉料理 ハーブを加えて

■ えびの塩釜

■ 焼き野菜など

■ ジャークチキン

■ 燻製たまご

■ 自家製ベーコン

■ 自家製ロースハム

■ かんたんグラタン

■ コロッケみたいなグラタン

■ スペアリブ

■ パプリカのマリネ

■ 焼きとうもろこし

■ 秋刀魚の塩焼き

■ 鶏ときのこのハーブ焼き

■ 石窯ハンバーグ

■ ベーコンのキッシュ

■ りんごのタルト

■ かぼちゃの肉詰め

■ クランベリーのパン

■ さくらんぼのお菓子

■ とろりんプリン

安心なハーブ・スパイスのショップ

石窯料理にはハーブとオリーブオイル ハーブソルト

Copyright © 2010 Techdo All Rights Reserved